日本語学習者によるワープロ文書の誤用漢字は「同音漢字の誤変換」なのか-非漢字圏日本語学習者の誤用表記分析-

Translated title of the contribution: Analysis of Orthographic Errors in Japanese word processing by English learners of Japanese: Are they all “homophone” kanji errors?

Research output: Contribution to journalArticlepeer-review

Abstract / Description of output

本稿は,英語を母語とする日本語(EJ)学習者が書いた日本語ワープロ文書中にある文字表記の誤用分析を取り扱い,EJ学習者が日本語入力で直面する問題点を検討した。誤字データは,1997年から2000年にEJ学習者が書いた作文から抽出し,合計340の誤用表記を採取した。分析の結果,EJ学習者による誤用漢字には(1)同音,同訓漢字の誤変換,(2)「音韻の誤入力」に続く「漢字形の認識エラー」が原因で,意図される漢字と形・音・義の全てが異なる誤字,(3)音韻以外の要因から生じた誤字があることが分かった。
誤用漢字の範疇には入らなかったが,1字違った平仮名の誤入力が原因で漢字変換されていない平仮名列が別の誤用分類を構成していることも分かった。これにより,EJ学習者の誤用表記は,同音漢字の誤変換の他に,第二言語の音声,音韻習得や漢字視覚認知の分野で検討する価値のある様々な問題を包含していることが示唆された。
Translated title of the contributionAnalysis of Orthographic Errors in Japanese word processing by English learners of Japanese: Are they all “homophone” kanji errors?
Original languageOther
Pages (from-to)17-26
Number of pages10
JournalJournal of Japanese Language Teaching (日本語教育)
Volume118
Publication statusPublished - Jul 2003

Keywords / Materials (for Non-textual outputs)

  • 同音異字
  • 日本語ワープロ
  • 非漢字圏の日本語学習者
  • 誤用分析
  • 漢字変換されていない平仮名列

Fingerprint

Dive into the research topics of 'Analysis of Orthographic Errors in Japanese word processing by English learners of Japanese: Are they all “homophone” kanji errors?'. Together they form a unique fingerprint.

Cite this