日本語教育とCLILアプローチ-欧州の複言語主義の観点から: 日本語教育と英語教育と多言語多文化教育

Translated title of the contribution: Japanese Language Education and CLIL Approach - From a European Multilingual Perspective: Teaching Japanese/English, and Multilanguage, Multicultural Education

Research output: Contribution to specialist publicationArticle

Abstract / Description of output

欧州発祥の「内容言語統合型学習」(CLIL: Content and Language Integrated Learning)は、語学と教科の二重焦点学習、異文化理解、学習者の体験的学習の促進、学習スキルの向上などの教育効果が注目され、多様なモデルを統括する教育的なアプローチとして世界的な規模で発展している。現在、世界の言語地図で圧倒的に優位に立っているのは英語だろう。英語は言語が異なる人々の間で最も使われており、ビジネスや国際会議などの国際的なコミュニケーションの「リンガ・フランカ(共通語)」として広く認識されている。欧州評議会(Council of Europe)の「英語以外の言語でのCLIL」プロジェクトによると、複言語主義を提唱するヨーロッパのCLILプログラムのほとんどで英語が選択されている。こういった英語優勢の現状はCLILの理論、実践、研究の全ての分野において反映されており、CLILと英語の強い繋がりを見ることができる。

本講演では「英語以外の言語でのCLIL」を海外の日本語教育の観点から検討する。まず、イギリスのCLILの現状を知るために高校・大学・非営利セクターからの例を提示する。次に欧州の日本語教育におけるL1使用の状況をtranslanguagingの視点から再考する。さらに日本語教師と専門教科のスペシャリストのビリーフを中心にイギリス高等教育機関の日本学の枠組みから見た日本語教育の役割をCLILの文脈に落とし込んで検討する。最後にエディンバラ大学における日本語CLILの実践を報告して全体のまとめとする。
Translated title of the contributionJapanese Language Education and CLIL Approach - From a European Multilingual Perspective: Teaching Japanese/English, and Multilanguage, Multicultural Education
Original languageJapanese
Pages10-20
Number of pages10
Volume7
Specialist publicationCLIL Pedagogy Association Newsletter
PublisherJapan CLIL Pedagogy Association
Publication statusPublished - 28 Aug 2021

Keywords / Materials (for Non-textual outputs)

  • CLILL
  • foreign language teaching
  • multicultural society
  • intercultural awareness
  • Asia

Fingerprint

Dive into the research topics of 'Japanese Language Education and CLIL Approach - From a European Multilingual Perspective: Teaching Japanese/English, and Multilanguage, Multicultural Education'. Together they form a unique fingerprint.

Cite this