Translation in Japanese language teaching: Translation as a tool for Japanese language learning and teaching

Research output: Contribution to journalArticlepeer-review

Abstract

本稿は日本語教育における翻訳の有効性をさまざまな観点から検討し、まとめたものである。まず「欧州の日本学と翻訳過程」、「欧州の言語政策と翻訳活動」、「日本語教育における翻訳の実践」を中心に21世紀の英語教育における翻訳の復権というパラダイムシフトの流れから外国語教授法と翻訳について概観する。そして翻訳活動における非言語的スキルと学習者の翻訳に対するビリーフを軸にCEFRの4つ目の言語活動として位置づけられている翻訳・通訳を含む「仲介活動」とその言語政策から見える翻訳活動を検討する。
Translated title of the contributionTranslation in Japanese language teaching: Translation as a tool for Japanese language learning and teaching
Original languageJapanese
Article number15
Pages (from-to)80-88
Number of pages8
JournalBATJ Journal
Volume15
Publication statusPublished - 1 Sep 2014

Keywords

  • Translation in Japanese language teaching and learning
  • CEFR
  • Translation into the second language
  • Learner’s belief

Fingerprint

Dive into the research topics of 'Translation in Japanese language teaching: Translation as a tool for Japanese language learning and teaching'. Together they form a unique fingerprint.

Cite this